ホットヨガと普通のヨガの違いのポイントは温度と湿度

最近ではダイエットや美容、健康のためにホットヨガを利用している方が増えてきています。そこで気になるのが「ホットヨガとヨガはどこが違うの?」ということです。

 

ホットヨガとヨガの大きな違いはその温度と湿度になります。ホットヨガの場合だと室温が38度から40分程度温度に設定し、湿度は55%から60%程度に設定していることが多いです。このように、部屋の温度や湿度に違いを持たせることによってよりたくさんの汗をかくことができ、新陳代謝の向上やデトックス効果などを期待することができるようになると言われています。実際にホットヨガを体験したことがある方ならご存知かと思いますが、内容自体は通常のヨガとほとんど変わらないのに汗をかく量はかなり違いがありますよね。身体を温めながらヨガを行うので身体がよりスムーズに動くようになり、普段だとなかなか実現するのが難しいようなポーズも比較的簡単に取れるようになるというのも通常のヨガとの違いとなっています。つまりけがなどのトラブルも起こりにくいというわけなんですね。

 

一般的なヨガでも冷え性や肩こりなどに効果を期待することができますが、ホットヨガの方がこれらの効果はより高いと言われています。夏場などはホットヨガだとかえってきついのでは?と思う方もいるかもしれませんが、夏場だからこそしっかりと身体の中の悪いものをホットヨガで汗と一緒に流すことでより効果を実感することができるようになっています。

 

身体を動かすのが苦手な方、体力があまりないという方、最初からいきなりきついポーズを取ることに不安を感じている方はまずはホットヨガから始めてみてはいかがでしょうか。1回のレッスンでかなり効果を実感することができるという方が多いです。